文字サイズ

元宝塚トップの北翔海莉が初の女性役に挑戦 私服スカートもまだ買えず…

ミュージカル「パジャマゲーム」の制作発表会見に登場した北翔海莉=東京・新橋の第一ホテル東京
ミュージカル「パジャマゲーム」の制作発表会見に登場した(左から)新納慎也、北翔海莉、演出のトム・サザーランド氏=東京・新橋の第一ホテル東京
ミュージカル「パジャマゲーム」の制作発表会見に登場した(左から)広瀬友祐、栗原英雄、新納慎也、北翔海莉、演出のトム・サザーランド氏、大塚千弘、上口耕平=東京・新橋の第一ホテル東京
ミュージカル「パジャマゲーム」の制作発表会見に登場した新納慎也(右)と北翔海莉=東京・新橋の第一ホテル東京
4枚4枚

 元宝塚歌劇団星組トップ、女優の北翔海莉(35)が24日、都内で行われたミュージカル「パジャマゲーム」(9月25日初日、東京・日本青年館ホール)の制作発表会見に登場、初の女性役を演じる心境を披露した。

 北翔は昨年11月に退団。宝塚ではトップスターとして男役を演じてきたが、本作ではパジャマ工場の労働者・ベイブを演じる。北翔は「女優としての初舞台。たくさんの不安がある。かわいい女性としての引き出しがないもので…」と打ち明けた。

 そんな北翔の援軍となりそうなのが、ベイブと恋愛模様を演じるシド役の俳優・新納慎也(41)だ。新納は「この役はハンサムなんです!」と強調したうえで「僕は女装とか、いわゆるキャラクターと言われる役が多かった。僕の方が女性役を知っているかもしれません」と“先生役”を買って出た。

 新納は北翔の女性役について「宝塚を退団された方とご一緒させてもらいましたが、(北翔は)女性らしく違和感がない。男だという感じはないですね」と印象を述べ、女性を演じるコツを「稽古場から短いスカートやヒールを履いていると男でも恥ずかしい格好しなくなるでしょう」とアドバイスを送った。

 北翔はそれに答えるよう「まだスカート買っていないんです。私服のスカートからですね」と誓っていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス