文字サイズ

松本伊代と早見優の当該ロケ番組 読テレが放送中止決定…線路侵入で書類送検

松本伊代(左)と早見優
1枚拡大

 歌手でタレントの松本伊代(51)と早見優(50)が今年1月13日に、テレビ番組のロケで訪れた京都市内でJRの線路に無断で侵入して写真撮影を行い、京都府警が鉄道営業法違反の疑いで2人を書類送検したことを受け、当該番組「クチコミ新発見!旅ぷら」を制作する読売テレビは10日、「諸般事情を検討した結果、放送を取り止めました」と放送中止を発表した。2月中の放送を予定していた。

 同局は、松本と早見の線路侵入状況に関しては「ロケの合間の空き時間に、番組制作スタッフの関知していないところで、撮影されたものです」と番組とは無関係とした。

 この問題は、松本が1月14日付ブログに「京都 竹林の道の途中 踏切で 優ちゃんとパシャリ」と早見と撮った写真を掲載。2人は踏切から線路に入り、上下2車線の線路間の敷石上に立って手を挙げるポーズをとっていた。松本は続けて、「その瞬間 踏切が鳴り 慌てて逃げる2人」として2枚目の写真を掲載した。

 この投稿に批判が集まり、松本は1月15日に問題のブログ記事を削除。「私の不謹慎な行動にてご迷惑とお騒がせをいたしまして大変申し訳ございませんでした」と謝罪していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス