文字サイズ

萩尾望都氏 「エッグ・スタンド」舞台化への期待 「ポーの一族」続編秘話も明かす

「エッグ・スタンド」について語る萩尾望都氏=東京・水道橋
キャスト陣と登壇した萩尾望都氏(中央)=東京・水道橋
2枚2枚

 少女漫画「エッグ・スタンド」の舞台版制作発表が7日、都内で行われ、原作漫画家・萩尾望都(もと)氏(67)が登場した。

 第2次世界大戦中のドイツ占領下のパリが題材で、「父と母が戦争の世代。戦争の悲しみを描きたいと思って。タイトルはゆで卵が転がらないように支える調理器具のことですが、地球や世界が不安定なのでスタンドに乗っけて守らなきゃ、という概念です」と1984年発表の作品に込めた思いを説明。男性のみで構成された劇団スタジオライフによる公演となり、「暗い設定なんですけど、きっと何かを感じる舞台にしていただけると思います」と期待を寄せた。

 上演は、3月1~20日に東京・シアターサンモール、3月24、25日に大阪・ABCホールで。

 また、萩尾氏は代表作「ポーの一族」の40年ぶりとなる続編に、昨年から取り組んでおり、「(作家の)夢枕獏さんが会う度に、『僕、続きが読みたいな』とおっしゃるから、だんだん描こうかなと洗脳されました」と復活秘話を明かしていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    デイリースポーツ
    ネットショッピング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス