文字サイズ

認知症の大山のぶ代「会話は難しい」

大山のぶ代の近況を話した砂川啓介=東京グランドホテル
大山のぶ代の近況を話した砂川啓介=東京グランドホテル
認知症で闘病中の大山のぶ代
3枚

 俳優、砂川(さがわ)啓介(78)が15日、都内で会見を開き、「ドラえもん」の声で知られる声優で女優の妻、大山のぶ代(81)の認知症をラジオで公表したことについて「言いたくなかったが、隠しているのが、つらくなってきた」と明かした。「今話したことを覚えていない」「会話は難しい」など大山の近況を伝え、「やんちゃな幼い娘ができた感じ。愛おしさを感じる」と話した。

 声優として女優として第一線で活躍してきた妻の認知症。親しい人以外には「言いたくなかった」と悩み続けてきた。大山は08年に脳梗塞を患い、その後、認知症を発症。約2年前に病院でアルツハイマー型と診断された。砂川は「もっと前に症状が出てたんじゃないかと思うけど、信じたくない、そんなことないだろうという気持ちが強かった」と苦しい胸の内を吐露した。

 現在は2、3カ月に1度、通院。マネージャー、砂川、家政婦らが協力して介護している。おしゃべりだった大山は「今しゃべったことを覚えていない」など、物忘れがひどくなっており、「普段の会話が通じず、「おやすみ」が「おはよう」だったり、「普段の会話は通じないから難しい」状態。

 入浴は1人でできず、「お風呂に入りたがらない。お外に出ることもない」と外出の機会もほとんどなくなった。リハビリも試してみたが、うまくできないことがもどかしいようで、「もうやらない」と腹を立て、継続できていないという。

 今の状態について「完全に彼女は子供になっている。僕しかいない。倒れる前は姉という感じだったけど、やんちゃな幼い娘ができた感じ。愛おしさを感じますね」と話した。

 よく笑い、よくしゃべり、ちょっとふくよかなイメージだった大山だが、現在は体重が50キロぐらいに。一時は体重が40キロ台に落ちたという。

 「本人がここ(自宅)にいたい、と言う」とし、「施設にやるのはかわいそう」と自宅で介護を続けている。

 砂川は会見で、自身が2年前に胃がんの切除手術を受けていたことを告白。体重は2キロ戻したものの、手術前より10キロ落ちた。抗がん剤治療は行っていないという。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス