文字サイズ

歌丸“強行退院”だった ドクターストップ無視「医者はダメだと言うんですが」

 高座を務めた桂歌丸=東京・国立演芸場
1枚拡大

 落語家の桂歌丸(80)が25日、東京・国立演芸場で行われた落語会「国立名人会」に出演。今月14日から21日まで肺気腫のため入院していた歌丸は、ドクターストップを振り切っての退院だったと明らかにした。

 枕部分で歌丸は「今年は私にとってろくな年じゃなかったですね」と発言。今月初めに北海道へ行く飛行機内で肺気腫が悪化し、呼吸困難になったと話した。その上で「21日に、お医者さまと半分ケンカをして出て参りました。医者は退院してはダメだと言うんですが、無理に退院してきました」と告白した。

 この日は楽屋に酸素吸入器を持ち込んでおり、途中で若干息苦しそうにする場面も見られたが、50分近い演目「井戸の茶碗」を演じ切り、拍手の中、笑顔で高座を降りた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス