文字サイズ

二谷英明さん逝く…妻、娘にみとられ

 夫婦で出演したJR「フルムーン夫婦グリーンパス」の会見で妻・白川由美と仲良く手を取り合う
長渕剛に付き添われ、ファンにあいさつする夫人の白川由美さん、長女の二谷友里恵さん=2012年1月
2枚

 ドラマ「特捜最前線」などで知られる俳優・二谷英明(にたに・ひであき)さん=本名同じ=が7日午後4時58分、肺炎のため東京・新宿区の慶応大病院で死去した。81歳だった。日活ニューフェースとして故石原裕次郎さん、小林旭らと日活の黄金期を支え、二枚目スターとして活躍。年を重ね、知的で大人の魅力を発揮した。しかし、03年に脳梗塞を患ってからは表舞台から退き、静かに暮らしていた。晩年は特別養護老人ホームでリハビリ生活を送っていたという。

 昭和の二枚目スターがこの世を去った。二谷さんは昨年12月26日に検査のため慶応大病院に入院。その時点では体調は普段と変わらない状態だったが、その後肺炎を患った。入院したまま越年し、治療を続けていたが7日午後に体調が急変。たまたま見舞いに訪れていた妻で女優の白川由美(75)、娘で元女優の二谷友里恵さん(47)=トライグループ社長=と夫の平田修トライグループオーナー、2人の孫娘にみとられ息を引き取った。

 この日、目黒区の二谷さんの自宅はひっそりとしており、供花(きょうか)や弔電を受け取る人もいなかった。近所の住民によるとここ数年は二谷さんを見かけることもなかったという。

 二谷さんは03年に脳梗塞を患って以降、芸能活動を休止。表舞台から姿を消した。関係者によると晩年は特別養護老人ホームに入り、好きな読書をしながらリハビリ生活を送っていた。二谷さんが主演した刑事ドラマ「特捜最前線」の出演者は数年おきに同窓会を行っていたが、03年以降は二谷さんが出席することはなかったという。

 二谷さんはラジオ佐世保(現・長崎放送)のアナウンサーを経て、56年に日活入りし、知的な青春スターとして活躍した。名前は伏せられているが、「嵐を呼ぶ男」(57年)など日活の多くの作品で元アナウンサーという経歴を生かしてナレーションも務めていた。日活退社後も映画、テレビで活躍。77年スタートの「特捜-」では頼れる特命捜査課長を演じ、憧れた若者が警察官を志望する現象まで起きた。

 普段から穏やかな人柄で知られていたが、家族のためには怒りをあらわにすることもあった。歌手・郷ひろみ(56)が友里恵さんと離婚した際には、娘に代わって会見。郷の著書「ダディ」で友里恵さんの“潔癖性”や“暴力”が強調されているとして「本(の内容)だけが事実になって独り歩きしている」と不快感を表す熱い一面もあった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス