文字サイズ

河本結 75で39位に後退 スロープレーの警告に動揺「未熟さ感じた」

 「米女子ゴルフ・ANAインスピレーション・第3日」(3日、ミッションヒルズCC=パー72)

 12位から出た日本勢は河本結(22)=リコー=は75で通算1アンダーの39位に、笹生優花は77で1オーバーの53位と大きく後退した。74だった畑岡奈紗は2オーバーで61位。初日から首位の21歳、パティ・タバタナキット(タイ)が67で通算14アンダーに伸ばし後続に5打差をつけた。昨年大会覇者の李ミリム(韓国)とアリー・ユーイング(米国)が2位。

 踏ん張っていた河本は16、17番でスコアを三つ落とした。「やってはいけないミスが続いた。もったいなかった」と悔しさを隠せなかった。

 2番でイーグルを逃してのバーディーと出だしは順調。しかしスロープレーの警告が入ったことでリズムが狂ったという。米ツアーでは今季罰則が強化され、前週大会で若手選手が1万ドル(約111万円)の罰金を科せられたばかり。「全然、集中できなかった。罰金を払うのが嫌過ぎて」と邪念にとらわれてしまった河本は「未熟さを感じた」と反省した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ゴルフ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ゴルフ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス