文字サイズ

畑岡奈紗が2年ぶり3度目優勝 通算18アンダーで 日本女子オープン

 「女子ゴルフ・日本女子オープン・最終日」(6日、白山ヴィレッジGC=パー72)

 畑岡奈紗(20)=森ビル=が6バーディー、3ボギーの69、通算18アンダーで、同大会2年ぶり3回目の優勝を飾った。畑岡はトップタイの15アンダーでスタート。3、4番で連続ボギーをたたき、スコアを落としたものの、5、8、9番でバーディーを奪って盛り返し、流れを引きよせると、16番パー3でもバーディーを奪い、最終18番もバーディーを奪って逃げ切った。

 畑岡とともにトップタイでスタートした大里桃子(21)=伊藤園=は後半に入り10、12、13番でボギーを叩き後退。首位と6打差の6位からスタートの渋野日向子(20)=RSK山陽放送=は1バーディー、1ボギーの72、通算9アンダーでホールアウトした。

 畑岡は「最後、すっきり終われて良かったです」と笑顔を見せると、ボギーが先行した最終日のスタートについて「プレッシャーがあったのか、なかなか最初はショットがコントロールできなくて、苦しい展開だったが、集中して最後まで回れた」とコメント。来年に迫った東京五輪については「あっという間に来てしまうので、まずはしっかり準備して、代表に選ばれるように」と意欲を見せた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ゴルフ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ゴルフ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス