文字サイズ

ハワイで予選落ち遼に痛烈ヤジ「この野郎、もっと、しっかり練習しろよ!!」

 第2R、14番でティーショットをラフに打ち込み、厳しい表情の石川遼。通算1オーバーで予選落ちした=ワイアラエCC(共同)
 【2012年1月15日付デイリースポーツ紙面より】

 「ソニーOP第2日」(13日、ワイアラエCC)

 石川遼(20)=パナソニック=は4バーディー、4ボギーの70とスコアを伸ばせず、通算1オーバーの94位でカットラインに2打及ばず予選落ちした。マスターズ出場権を目指す今季初戦は結果を残せなかった。アマチュアの松山英樹(19)=東北福祉大2年=も72とスコアを落とし、通算3オーバーの106位で決勝ラウンドに進めなかった。小田孔明が39位で、今田竜二と高山忠洋は62位で予選を突破したが、武藤俊憲と丸山茂樹は予選落ちした。

 最終18番のプレーを終え、スコア提出所に向かっていた石川に、ギャラリー席から日本語で痛烈なヤジが飛んだ。「この野郎、もっと、しっかり練習しろよ!!」。石川のファンが会場を埋め尽くす日本ツアーではありえない光景。周囲に緊張感が走ったが、本人は顔色一つ変えることなく、黙って背中で受け止めた。

 常夏の島で迎えた今季初戦は、悔しい結果に終わった。初日80位と出遅れると、この日もスコアを伸ばせないまま、2日間36ホールで終戦。「アプローチのミスで、つまらないボギーをたたいてしまった。あれがなければアンダーパーで回れていたのに」と悔やんでも後の祭りだ。

 しかし、持ち前のポジティブ思考で、すぐに気持ちを切り替えた。「予選落ちといっても、(米ツアーで)通用するショットは増えてきているし、いい(コース)マネジメントもできていた。ミスがあと1つ、2つ少なければ予選は通っていた。どうしようもないという予選落ちじゃない」と、前向きな言葉を続けた。

 世界ランク50位以内に与えられるマスターズ出場権獲得を目指し、今大会を皮切りに3月末まで米ツアー7試合に出場する予定だが、いきなり初戦でつまずき、現在48位の世界ランクも再び“圏外”へはじき出される可能性が高まった。

 「まだ始まったばかりなので、今の練習を続けて、さらにいい状態で次の試合を迎えたい」。次戦はファーマーズインシュランスオープン(26日開幕、カリフォルニア州トーリーパインズ)。日本には戻らず、ハワイから直接、西海岸に移動する。マスターズ出場へ近づき、そして、この日受けた厳しいヤジを見返すためにも次こそ周囲も納得させる結果を残す決意だ。

関連ニュース

デイリーペディア

編集者のオススメ記事

スポーツ最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(スポーツ)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス