文字サイズ

スコットランド監督「観客なしでもやるだろうと…」日本戦中止なら敗退濃厚

 ラグビーワールドカップ2019組織委員会と、競技の国際統括団体であるワールドラグビーが10日、都内で会見を開き、日本上陸が見込まれる台風19号への対応を発表。12日に行われるイングランド-フランス(日産)、ニュージーランド-イタリア(豊田)の2試合の中止を決定した。13日に行われる日本-スコットランド(日産)については開催する方向で動いているというが、予断は許さない状況だ。

 スコットランドのグレゴー・タウンゼンド監督は「天気は13日に良くなり、試合が行われそうだ。問題があるとすれば交通などのインフラで、ちゃんとなっていないかもしれないが、主催者は観客なしでも試合をやるだろうと信じるしかない」とコメントした。

 日本にボーナス点を与えた場合、勝っても敗退の可能性がある。「今日ミーティングをしたが、選手たちは勝つためにどうすればいいか、しっかり焦点を絞っていた」と逆転突破に自信も見せた。

 A組で突破の可能性があるのは1試合を残す日本(勝ち点14)、アイルランド(同11)、スコットランド(同10)の3チーム。アイルランドは12日にサモア戦(レベスタ)を予定している。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ラグビーW杯最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス