文字サイズ

体操・白井 内村には引退伝えていた「最後は健三らしい体操が見てぇわ」とエール

現役引退会見で笑顔で心境を語る白井健三=神奈川・日体大 横浜・健志台キャンパス(撮影・開出牧)
体操部同期からサプライズの花束贈呈に感激の白井健三(右から2人目)=神奈川・日体大 横浜・健志台キャンパス(撮影・開出牧)
2枚

 体操男子の16年リオデジャネイロ五輪団体金メダルメンバーで、種目別ゆかで3度世界王者に輝いた白井健三(24)=日体大教員=が16日、横浜市の日体大健志台キャンパスで記者会見を行い、現役引退を表明した。リオ五輪で日本男子史上最年少金メダルを獲得した“ひねり王子”が、団体メンバー5人の中で最も早く競技を退く決断を下した。事前に第一人者の内村航平には引退を伝えていたといい、その際のやり取りも明かした。

 “キング”として体操界をけん引し続け、個人枠で東京五輪代表の座をつかんだ内村は、白井にとっても大きな存在だ。「本当にこの場で、少ない言葉で片付けられない存在。航平さんがいないと、僕はいない。感謝だけでは終われない」と改めて語り、「今後も指導者として残る僕に、色んなことを教えてくれると思う。ありがとうでは片付けられないが、その言葉しかでてこない」と思いがあふれでた。

 引退については「周りにはあまり言っていなかった」が、4月の段階で「航平さんには言いました」。そうしたやり取りの中で内村から「最後は健三らしい体操が見てぇわ」との言葉を受け取ったという。最後の大会となった6月の全日本種目別選手権の結果はゆかで2位。内村もミスが出てしまったため鉄棒で2位。白井は「(種目別でも)最後、同じ色(銀)のメダルとって終われた。すごく繋がっているなと思いました」と振り返った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス