文字サイズ

【伊藤鐘史が斬る】残り20分から出た良さ テンポアップとダイレクトなプレーが勝機に

 「ラグビー・リポビタンDチャレンジカップ、日本代表32-17サンウルブズ」(12日、エコパスタジアム)

 日本代表は前半ノートライとリードされ苦しみながらも、後半に4トライを挙げて、32-17で逆転勝ちした。代表戦は19年W杯日本大会準々決勝で敗れた南アフリカ戦以来601日ぶり。主将でフランカーのリーチ・マイケル(32)=東芝=とジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(51=HC)は久々の代表戦に喜びを語ったが、試合内容に満足せず次戦に課題を挙げた。26日には全英・アイルランド代表ライオンズ(英エディンバラ)と、7月3日にはアイルランド代表(ダブリン)との対戦を控える。

 ◇  ◇

 日本代表は後半残り20分ぐらいから良さが出ました。ペナルティーを得てからタッチへ蹴り出すまでの速さなどのテンポアップと、堅実でダイレクトなプレーを選択していきました。代表的な例は後半25分の中村のトライです。シンプルな縦への突進で得点しました。

 W杯で躍進したのは、テンポを上げて、ボールを保持して攻め続ける戦い方にありました。そういった形が、今のジャパンにも合っていることが見て取れました。

 ラインアウトで苦労しましたが、どちらかと言えばサンウルブズのFWメンバーの方がジャンピング能力に長けていたから苦戦しました。ハンドリングエラーもすごく目立ちました。今日のようなスタートではペースを握られてしまいます。

 久々の試合だけにコンビネーションの部分でも難しかったでしょう。加えてコンディションも整えられていないと思います。ピークは2週間後の全英・アイルランド代表ライオンズ戦に持っていっているはずなので。

 一段と体が大きく強い相手になりますが、最後に見せたようなテンポアップとダイレクトなプレーの時間が増えれば勝機も生まれます。課題を洗い出して過ごすことで、2週間後には成長したチームが見られるでしょう。(2015年W杯日本代表ロック、ホンダFWコーチ・伊藤鐘史)

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス