文字サイズ

ラグビー日本代表 大苦戦の船出 緊急円陣で喝 リーチ主将「いい経験、反省して準備を」

 前半、激しいタックルをみせる日本代表のリーチ・マイケル(左から2人目)=撮影・棚橋慶太
 試合前に円陣を組む日本代表フィフティーン(撮影・棚橋慶太)
 後半、トライを決める日本代表・堀越康介(撮影・棚橋慶太)
3枚

 「ラグビー・リポビタンDチャレンジカップ、日本代表32-17サンウルブズ」(12日、エコパスタジアム)

 2019年W杯、アイルランドに歴史的な勝利を飾った地。601日ぶりに活動再開となった日本代表は、大苦戦しながらサンウルブズ(SW)に逆転勝ちし、新たな船出を飾った。

 3-14で迎えた後半20分にモールからフッカー堀越がトライ。さらに25分、CTB中村がトライを決めて17-14と逆転。28分にPGを決められ追いつかれたが、31分、右サイドから相手のボールを奪ったフランカーのテビタ・タタフが突進。決勝トライ。終了間際にも堀越がこの日2つ目のトライを決めた。

 非常事態を物語っていたのは前半終了直後の光景。3-14で折り返すと、ピッチ上で全員で円陣を組んだ。19年時には一度もなかった光景。「仕切り直そう」。喝を入れなければいけないほどの状況だった。

 細かくパスをつなぎスピード感あふれるサンウルブズ(SW)の攻撃の前に、前半は何もできなかった。接点でボールを奪われ、ミスも目立ち前半は劣勢。序盤はほぼ自陣に押し込められる形で試合は進んだ。

 19分にはSO山沢のキックを起点に左サイドを攻められ、WTBレメキが捕球し損ねたボールがインゴールに転がる。SH荒井に抑えられて先制トライを許す。同39分にはゴール前でフェーズを重ねられ。右大外でフリーでボールを受けたWTB竹山にトライを決められた。

 対する日本代表は前半は31分にSO田村のPGで3点をかえすのがやっとだった。後半15分にフランカーのリーチ主将、田村らが交代した直後から攻勢に立ち、何とか逆転勝利を飾った。

 リーチ主将は試合後、「自分たちのラグビーするためにブレークダウンのところをしっかりしないとできない。きょうはいい経験反省してしっかり準備しないといけない」と振り返った。

 コロナ禍で昨年は代表活動が中止となり、2019年10月20日のW杯準々決勝南アフリカ戦以来601日ぶりとなる実戦。新たな代表は5月26日に集合し、大分・別府で2週間の合宿を重ねてこの日を迎えた。

 26日には全英・アイルランド代表ライオンズと英エディンバラで対戦する。-ライオンズは、イングランド、スコットランド、ウェールズ、アイルランドを代表する選手を集め4年に一度編成されるドリームチーム。大一番に向けての壮行試合となった2023年に向けた初戦を終えた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス