文字サイズ

入江陵介14度目V「最後の日本選手権のつもり」も「辞め方が分からなくなってる」

男子200メートル背泳ぎで優勝した入江陵介。左は2位の砂間敬太、右は3位の坂井聖人=東京アクアティクスセンター
男子200メートル背泳ぎを制し、抱き合う入江陵介(右)=東京アクアティクスセンター(撮影・高部洋祐)
2枚

 「競泳・日本選手権」(8日、東京アクアティクスセンター)

 男子200メートル決勝が行われた。入江陵介(イトマン東進)が1分55秒52で4年連続14度目の優勝を果たし、100メートルに続き、この種目でも代表入りを内定させた。

 31歳のベテランは「自分としては日本選手権としては最後という気持ちもあった。優勝できてよかった」と話しつつ、「もしかしたら来年も出てるかもしれない。今は辞め時が分からなくて。純粋に水泳を楽しんでいるので」と、苦笑いした。

 「もしかしたら五輪が終わってやめるかもしれないし、最近辞め方が分からなくなってる」

 100メートルでは入江以外が派遣標準を切れておらず後進が育っていない。「僕としてはメドレーリレーを大事にしているので、日本が決勝に残れないようになってしまうと…。100だけでも続けるかも知れない」とし、「終わりは作らないようにしてる。ふとした時にくるのかな」と、吐露した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス