文字サイズ

テコンドー 鈴木リカルドは準V 試合前に兄・セルヒオと「マックに行く」約束も

フェースシールドを付けて試合に臨む(奥の)鈴木リカルド(東京・駒沢体育館)
 男子74キロ級決勝で浜田康弘(右)に敗れた鈴木リカルド
 試合後取材に応じた鈴木リカルド
3枚

 「テコンドー・全日本選手権」(7日、駒沢体育館)

 男子68キロ級で東京五輪代表の鈴木リカルド(20)=大東大=が、階級を上げて挑んだ74キロ級決勝で、浜田康弘(ベンチャーバンク)に15-17で敗れ、準優勝となった。今大会は世界選手権(10月・中国)の代表選考も兼ねていた。

 58キロ級で五輪代表に決まっている兄・セルヒオと「試合が終わったらマックに行こう」と約束して挑んだが、大接戦を制せなかった。鈴木は残り1分で8-8に追いつくも、最後の激しい攻防で点数を奪い切れず、2点差で敗北。「相手が攻めさせてくれなかった」と肩を落とした。

 選手は新型コロナウイルス感染対策とし、選手は半透明のフェイスシールドを着用して臨んだ。顔の下半分が隠れる仕様で、鈴木も「最初に付けた時はぼやけて見えた」が、練習で使ううちに「慣れました」と感触を語っていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス