文字サイズ

日本新記録の鈴木健吾「顔色を見ていけると思った」給水取り損ねスパート

36キロ付近で給水ポイントの方を見る鈴木健吾(中央)。この後一気にスパートをかけた(代表撮影)
歓喜の表情でゴールに飛び込む鈴木健吾=皇子山陸上競技場(撮影・高部洋祐)
日本新記録で優勝し、瀬古利彦・日本陸上競技連盟マラソン強化戦略プロジェクトリーダー(右)と笑顔で話す鈴木健吾(左)=代表撮影
3枚

 「びわ湖毎日マラソン」(28日、大津市皇子山陸上競技場発着)

 サングラスを外し、両手を挙げて笑顔でゴールテープを切った。現行のコースでは最後となる大会が行われ、鈴木健吾(25)=富士通=が2時間4分56秒の日本新記録で初優勝した。日本記録は大迫傑(ナイキ)が昨年3月の東京で出した2時間5分29秒。鈴木は02年の武井隆次以来、日本人19年ぶりの優勝を果たし、ウィルソン・キプサング(ケニア)が持つ2時間6分13秒の大会記録も大幅に塗り替えた。鈴木のこれまでの自己ベストは2時間10分21秒だった。

 「本当にこんなタイムが出るとは思わなかったので自分自身びっくりしています」と会場のインタビューで応えた。「今までのマラソンで一番ゴールしてから余裕があると思います」と明るい表情で話した。

 勝負は36キロ過ぎの給水地点だった。土方英和(ホンダ)、サイモン・カリウキ(戸上電機製作所)と3人の先頭争いから、ドリンクを取り損ねた鈴木は一気にスパート。2人を振り切ってその後は独走。40キロでも日本記録を11秒上回るハイペースで通過し、そのまま逃げ切った。

 「どこかしらのタイミングで出たいなと思ったんですが、ちょうど給水を取り損ねたので、そのタイミングでいくしかないと思った。2人いましたが、顔色を見ていけると思いました」と振り返った。終盤の加速を「今までのマラソンでは後半に失速していたので克服できたらいいなと思っていました」と明かした。

 東京五輪代表の座は逃し、目標は2024年パリ五輪に定めている。「東京(五輪)の代表にはなれなかったんですけど、気持ちを切り替えてパリに向かってコツコツやっていきたい」と3年後を見据えた。

 鈴木は神奈川大で1年から箱根駅伝のメンバー入り。3年時の2016年には2区で区間賞を獲得している。

 同大会は1946年に大阪で「全日本毎日マラソン選手権」としてスタート。62年にコースを滋賀県に移した。83年に「びわ湖毎日マラソン」に名称変更し、国内で継続しているマラソン大会としてはもっとも長い歴史がある。来年から大阪マラソンと統合されるため、滋賀県での開催は第76回の今大会で終了する。

 鈴木は「最後の大会で日本記録、大会記録を出せたことを誇りに思います」と話した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス