文字サイズ

クライミング五輪代表・楢崎智、完登できず 持久力の底上げには手応え「余裕あった」

 「スポーツクライミング・リード・ジャパンカップ・最終日」(11日、岩手県営運動公園)

 男女決勝が行われ、男子で五輪代表に決まっている楢崎智亜(24)=TEAM au=は4位だった。

 五輪代表に内定している楢崎智はテンポ良く終盤までたどり着いたが、指を滑らせて完登できず「最後のムーブに迷ってスリップした」と悔やんだ。自粛期間中に取り組んできた持久力の底上げには手応えを感じたようで「終盤でも腕の余裕があった。ここからまたすべてのベースを上げていく。東京五輪が延期になったとしても、僕の目標は優勝しかない」と力を込めた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス