文字サイズ

クライミング五輪代表・野口、2位も笑顔で「金獲る」 炎天下試合シュミレーションも

 「スポーツクライミング・リード・ジャパンカップ・最終日」(11日、岩手県営運動公園)

 男女決勝が行われ、女子は来夏に延期された東京五輪代表入りの可能性を残す昨年の世界選手権銅メダリスト、森秋彩(16)=茨城県連盟=が準決勝、決勝と課題を完登し、2大会ぶり3度目の優勝を飾った。東京五輪代表に内定している野口啓代(31)=TEAM au=は2位。五輪代表の権利を持つ野中生萌(23)=XFLAG=は準決勝で敗退した。男子で五輪代表に決まっている楢崎智亜(24)=TEAM au=は4位だった。

 五輪代表に内定している野口は、決勝は完登したものの、3位通過だった準決勝での順位が響き、2位に終わった。ただ、半年ぶりの実戦を終え「久々に仲間にも会えたし、楽しかった」と笑顔を浮かべた。来夏の東京五輪と同じ屋外で炎天下の中での試合も経験できた。「暑さ対策もしっかりシミュレーションして、来年金メダルを獲りたい」と、改めて誓った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス