文字サイズ

給与支払われない…バドミントン「フクヒロ」が新チーム入団 前所属の破綻で16人移籍

 バドミントン女子ダブルスで東京五輪代表を確実にしている「フクヒロ」こと福島由紀(27)、広田彩花(25)ペアが4日、オンラインで会見を行い、新設される「丸杉Bluvic」に移籍することを発表した。同社のチームであるS/Jリーグ2部の丸杉とは別に、2人が所属していた同1部のアメリカンベイプ岐阜を引き継ぐ形で、今井彰宏監督、吉冨桂子コーチ、末綱聡子コーチと選手9人ら総勢16人が新チームに加入して再出発する。

 岐阜県協会会長で株式会社丸杉の杉山忠国社長によれば、2人の前所属チームが経営破綻したといい、4月に今井監督らから受け入れの打診があったという。杉山社長は「(前の)チームが存続ができなくなった旨を聞いた。給与も支払われない、一刻も早くなんとかしてほしいと」と経緯を明かし、岐阜県などからのバックアップも受けた上で「来年の東京五輪を控える中、福島選手、広田選手を全面的に支援したい」と語った。

 契約は21年12月までで、練習環境などは前チームを踏襲して岐阜県で活動するという。

 福島は「また新たな気持ちで再スタートできるのはすごくよかった。ポジティブに捉えたし、練習環境は変わらないと聞いているので不安はない」とコメントし、広田も「チーム全体受け入れてもらえるので、すごくありがたい。新鮮な気持ちでまた取り組んでいけると思う」と語った。

 福島、広田ペアは現在世界ランク2位。新型コロナウイルスの影響で1年延期となった東京五輪への出場権獲得を確実にしており、メダル獲得が期待されている。18年には再春館製薬所から前所属チームに移籍していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス