文字サイズ

柔道 丸山VS阿部が注目の全日本体重別は無観客で実施

 全日本柔道連盟(全柔連)は6日、都内で新型コロナウイルスに対する対策会議を開き、東京五輪の代表最終選考会である全日本体重別(4月4、5日・福岡)について、無観客で開催することを決定した。同月に行われる皇后杯全日本女子選手権(19日、横浜)、全日本選手権(29日、千葉)は規模縮小または無観客を前提に準備を進めていく。

 全柔連の中里壮也専務理事は、無観客という判断について「大相撲、選抜高校野球も無観客で行われる。(無観客なら)大方の理解は得られると考えた」と説明した。

 柔道の東京五輪代表はすでに男女13階級で決定しており、残るは男子66キロ級のみ。無観客で行われる体重別ではし烈な争いを繰り広げる丸山城志郎(26)=ミキハウス=と、阿部一二三(22)=日体大=の最終決戦に注目が集まる。両者は勝ち進めば、決勝で相まみえる。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス