文字サイズ

リネール撃破にはしゃいだ井上康生監督…反省「映像みて、あちゃ~、と。未熟さ出た」

 柔道グランドスラム(GS)パリ大会の男子100キロ超級で、五輪2連覇中だったテディ・リネール(30)=フランス=を破った影浦心(24)=日本中央競馬会=が11日、成田空港から帰国した。

 10年間負けなしで154連勝中だった“最強王者”を倒し、東京五輪代表争いに踏みとどまった24歳は「ずっと目標にしていた選手。とてもうれしい気持ち」と、笑顔。決勝で敗れ、準優勝。それでも「結果に関しては満足してない。ただ、優勝ならもっとよかったが、リネール選手を倒したことは優勝よりも大きなことだと思う」と、前向きにとらえた。

 歴史的勝利の裏で話題になっているのが、常に冷静な男子の井上康生監督が、影浦が勝った瞬間に立ち上がり、拳を握る瞬間の映像。影浦も後に映像をみて、「めっちゃはしゃいでるやんと思った。お客さんの悲鳴や拍手も凄かったし、凄いことをやったんだなと感じました」と、笑顔で振り返った。

 影浦とともに帰国した康生監督は「映像で見て、あちゃ~と。駄目ですね。あれはいけない。逆から撮してもらいたかった…。いかに心を落ち着かせるかと考えていたが、一瞬ちょっと自分の未熟さが出た。申し訳ありません」と、“日本柔道界悲願達成”の瞬間とはいえ、取り乱したことを反省し、苦笑いで謝罪した。

 影浦の快挙については「色んな想定、準備をした上で、強い気持ちで戦ったことがすべて。リネールに勝ったことは重量級の選考基準としてみているポイントではある」と評価しつつ、「しかしながら最後は勝ちきれなかった」。現状、100キロ超級は、リオ五輪、昨年の世界選手権銀メダリストの原沢久喜(百五銀行)がリードしている状況で、原沢は今月下旬のデュッセルドルフ大会に出場する可能性が高い。選考状況については「デュッセルも含めて、総合的に判断しないといけない」と、話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス