文字サイズ

レスリングの川井姉妹、次は五輪で金競演 ダブル金のアジア選手権から帰国

 レスリングのアジア選手権(ニューデリー)で優勝した東京五輪代表の女子57キロ級・川井梨紗子(25)=ジャパンビバレッジ、62キロ級・友香子(22)=至学館大=姉妹ら女子代表が23日、成田空港に帰国した。国際大会で初めてダブル優勝を果たした川井姉妹は「まだ上がある。五輪で一緒に金メダルを取る」と声をそろえた。

 初めてアジア女王となった友香子は、初戦で2連敗中だった世界女王チニベコワ(キルギス)に終了間際の得点で逆転勝ち。「内容的にはよくないが、五輪までに一度は勝っておきたかった」。五輪金メダルへ、最大のライバルをここで撃破した意味は大きい。

 五輪前に姉妹そろって出場する大会は今回が最後となりそう。五輪2連覇を目指す梨紗子は「2人そろって初めて金を取って、もう一度、五輪でという気持ちになった」。最強姉妹は夏の大勝負を見据えている。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス