文字サイズ

ユース五輪金メダルの鍵山優真が帰国「北京五輪から狙っていきたい」

 スイス・ローザンヌで開催されたユース五輪のフィギュアスケート男子で、SP3位から逆転優勝した鍵山優真(16)=神奈川・星槎国際高横浜=が17日、羽田空港に帰国した。金メダルを胸に「一生に一度しかできない体験。優勝を狙っていたので、目標を達成できてよかった」と振り返った。

 原則15~18歳が対象の同大会。年齢制限があるとは言え「五輪」と名の付く大会だ。移動では日の丸の入った日本代表のジャージーやスーツを着用し、選手村で他競技の選手と過ごす。そんな時間の1つ1つが貴重な財産となったようだ。

 「他競技の人との交流も楽しかったし、いい経験になった。この大会を通して、五輪に出たい気持ちが強くなった」と鍵山。「(22年)北京五輪から狙っていきたい」と力を込めた。

 次戦はシニアの選手が集う四大陸選手権(2月、ソウル)。羽生結弦(ANA)らトップ選手が出場する大舞台へ「どれくらい戦えるか確かめたい。とにかく全力で頑張ること」と誓った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス