文字サイズ

羽生、まさか2位「いや~弱いな」 V宇野を称え「初めてちゃんと負けた」も「うれしい」

優勝カップを見つめる2位の羽生結弦(左)中央は宇野昌磨=東京・国立代々木競技場(撮影・堀内翔)
3枚

 「フィギュアスケート・全日本選手権」(22日、代々木第一体育館)

 男子フリーが行われ、SP2位の宇野昌磨(22)=トヨタ自動車=はフリー184・86点、合計290・57点とし、逆転で4連覇を決めた。最終滑走でSPトップの羽生結弦(25)=ANA=はジャンプでミスが続きフリー172・05点、合計282・77点で2位になった。3位はジュニアの鍵山優真(16)=星槎国際高等学校横浜=でフリー180・58点、合計257・99点だった。ジャンプでミスが続いた羽生は「いや~弱いなと」と振り返った。

 冒頭の4回転ループが乱れ出来栄え点(GOE)は1・80点の減点。続く4回転サルコーは着氷したものの、ルッツジャンプは2回転に。続く単独の4回転トーループも乱れた。

 加点が入る後半もミスが続き、最後の3回転半でまさかの転倒。不本意な演技となった。後半の3要素はすべてに軽度の回転不足の判定がついた。7本あるジャンプの要素のうち、5本がGOEで減点となった。

 演技後は、「いや~弱いなと」と敗戦を振り返った。「先々週も言ってましたが。もうちょいうまく調整でいたら」と振り返った。

 「言葉が見つからない。すいません。もうなんか分からないです。ぐちゃぐちゃなんで」と胸中を表現した羽生。宇野に直接対決では初めて敗れたが「初めてちゃんと負けた。でも、うれしい」。今季の苦戦も見てきたため「スケートに集中できてるなって。見ていてうれしかった」とも語った。

 体力面についての質問には「言いたくないです。言い訳になっちゃうので、あまり話したくない」とした。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス