文字サイズ

競歩・鈴木、東京五輪は50キロ 20キロ山西と再び金競演へ

 カタール、ドーハで行われた陸上の世界選手権で日本競歩界初の金メダルを獲得し、東京五輪代表に内定した男子50キロ競歩の鈴木雄介(31)=富士通、20キロ競歩の山西利和(23)=愛知製鋼=が8日、都内で行われた帰国会見に出席した。

 レース後に20キロでも代表を狙うことを明かしていた鈴木は、同じ内田隆幸コーチを師事する山西の金メダルを見て、東京五輪は50キロに絞ることを明かした。深夜開催ながら気温30度以上、湿度80%以上となったドーハで「人生で最も過酷」なレースを体験。ゴール後は脱水症状に陥り、内臓疲労は1週間以上たった今も抜けきらない。現地では「暑い中で50キロ歩くのには恐怖心がある。今は20キロの方に傾いている」と話していたが、「恐怖心はぬぐえないが、2人で同じ種目で金メダルを取り合うのは、日本にとってデメリット。切磋琢磨(せっさたくま)して精進していきたい」と腹をくくった表情で話した。

 山西も「東京五輪では圧倒的に勝ちたい」と宣言。日本陸上界の新たなお家芸のWエースとして、東京で再び金競演を果たす。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス