文字サイズ

消耗戦の悪夢 競歩・高橋英輝ゴール誤認で10位 入賞逃し号泣「何やってるんだろう…」

 「陸上・世界選手権」(4日、ドーハ)

 男子20キロ競歩が行われ、京大工学部卒業の山西利和(23)=愛知製鋼=が1時間26分34秒で金メダルを獲得した。50キロ競歩の鈴木雄介(富士通)に続き、日本勢が競歩で頂点に立った。池田向希(21)=東洋大=が1時間29分2秒で6位、高橋英輝(26)=富士通=は残り500メートルでゴールを誤認し、10位に終わった。

 気温32度、湿度82パーセントの中で行われたサバイバルレースで、悪夢が起こった。19キロまで10位と入賞争いの中にいた高橋は、残り1周でスパートし順位を上げ、一時は8位に浮上した。しかし、残り500メートルをゴール地点と思い込み、倒れ込んでしまった。その後歩き直したが、痛恨の9位。「ゴールを間違えた?はい、そうです。入賞だと思ったんですけど…。何やってるんだろうという感じですね」と、泣きじゃくった。過酷な環境下でのレースで「ラスト5キロは分からなかった。自分の甘さ」と、思考力を奪われた。

 競歩界の快挙が続く中で見舞われた悪夢。「山西が金メダルを獲ってくれたのはうれしい。自分が獲れなかったのに何言ってるんだろうという感じですけど。たくさんサポートを受けているのに、駄目ですね。こんなんじゃあ」と、悔やんでも悔やみきれない様子だった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス