文字サイズ

コールマン“鉄板級”オッズ サニブラ12番人気、桐生と小池14番人気

 「陸上・世界選手権」(27日開幕、ドーハ)

 陸上の世界選手権が27日、カタールの首都ドーハで開幕する。来年の東京五輪の前哨戦と位置付けられる中、注目は初日から行われる男子100メートル。日本からは日本記録保持者のサニブラウン・ハキーム(20)=米フロリダ大、前日本記録保持者の桐生祥秀(23)=日本生命、小池祐貴(24)=住友電工=の3人が出場する。“9秒台トリオ”には、世界選手権では日本初、五輪を含めた世界大会では1932年ロサンゼルス五輪の“暁の超特急”吉岡隆徳(6位入賞)以来87年ぶりとなるファイナリストの期待が懸かる。

 各ブックメーカーは男子100メートルの優勝者倍率を発表。今季世界最高9秒81をマークしているコールマンが圧倒的な支持を集めており、bwin社で1.65倍、ウイリアムヒル社で1.57倍という“鉄板級”オッズとなっている。前回大会覇者ガトリン、リオ五輪銅メダルのデグラッセが続く。

 前回大会はオッズがつかないほど低評価だった日本勢だが、今回はサニブラウンがbwin社で67倍(12番人気)、ウイリアムヒルで81倍(16番人気)、桐生と小池がウイリアムヒル社で67倍(14番人気)をつけた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス