文字サイズ

“気遣いの人”大坂なおみ 足首負傷の対戦相手に駆け寄り献身「とにかく心配だった」

プレー前に雑音が入り、思わず吹き出す大坂なおみ=ITC靭テニスセンター(撮影・佐藤厚)
3枚

 「女子テニス・東レパンパシフィックオープン」(21日、ITC靱TC)

 前日雨のため順延となった準々決勝が行われ、大会初優勝を狙う世界ランク4位の大坂なおみ(21)=日清食品=は、過去3戦全敗の同36位のユリア・プティンツェワ(カザフスタン)と対戦し、6-4、6-4のストレート勝ちをおさめた。大坂にとって、これまで1セットも奪ったことがない“天敵”だったが、不安定な面もありながらも、落ち着いたプレーで退けた。

 終盤には“気遣いの人”大坂らしいシーンもあった。第2セット5-4で迎えた第10ゲーム。30-15から大坂のフォアハンドクロスを追ったプティンツェワが左足首を負傷。その場で倒れ込み、動けなくなった。大坂はすぐに駆け寄ると、ブランケットを敷いて、治療できる場所をつくり、その後は水を運んであげるなど、迅速に対応。「とにかくユリアが心配だったの。足首は時に本当に深刻な怪我になるから。彼女がこの後、アジアの他の大会に出られなくなることはあってはいけない。ああいう場面でリアクションしない選手もいるかもしれないけど、私はすぐにいってあげたかった」と、振り返った。

 その後、プティンツェワは治療を受け、試合に復帰。足を引きずりながらも、最後までプレーした。フェアプレー精神に溢れた試合に、観客からは大きな拍手が巻き起こった。

 勝ち上がった大坂はこの日は“ダブルヘッダー”。15時45分以降に行われる準決勝で、世界ランク24位のメルテンス(ベルギー)と対戦する。過去の対戦成績は0勝1敗。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス