文字サイズ

クライミング 五輪切符懸かる世界選手権へ、15歳森秋彩が国内2強に挑戦

 スポーツクライミングの日本代表が15日、リード、スピードのW杯スイス遠征から成田空港に帰国した。シニアW杯参戦初年度ながらヴィラール大会のリードで3位に入った森秋彩(15)=つくば開成高=は「練習の成果が出たのかなと思う」と、はにかんだ。

 東京五輪代表枠は最大2。日本協会は8月の世界選手権(八王子)ではボルダリング、リード、スピードの3種目の複合で、7位以内となった日本人最上位選手に東京五輪代表の内定とする方針。2大エースの野中生萌、野口啓代らとまず1枚の切符を争う。「コンバインド(複合)は何か1つでも1位の種目があると優位。リードで1位を獲れば見えてくる」と、思い描いた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス