文字サイズ

琴鎌谷改め琴ノ若 新十両昇進決定に「実感が湧いてきた」親子3代関取に

先代・佐渡ケ嶽親方の額を持ち、笑顔を見せる佐渡ケ嶽親方(右)と琴鎌谷改め琴ノ若(撮影・西岡正)
先代・佐渡ケ嶽親方の額の前で名前の入った色紙を披露する琴鎌谷改め琴ノ若=千葉県松戸市の佐渡ケ嶽部屋(撮影・西岡正)
先代・佐渡ケ嶽親方の額の前で目標を話す琴鎌谷改め琴ノ若=千葉県松戸市の佐渡ケ嶽部屋(撮影・西岡正)
3枚3枚

 日本相撲協会は29日、東京・両国国技館で名古屋場所(7月7日初日、ドルフィンズアリーナ)の番付編成会議を行い、琴鎌谷改め琴ノ若(21)=佐渡ケ嶽=の新十両昇進を決めた。

 琴ノ若は師匠・佐渡ケ嶽親方(元関脇琴ノ若)の長男で祖父は元横綱琴桜。夏場所は東幕下2枚目で4勝3敗と勝ち越し、入門3年半で“親子3代関取”の夢を果たし、父のしこ名を継承した。親子関取は父・元小結佐田の海鴻嗣-子・幕内佐田の海貴士以来。日本相撲協会に残る資料によれば史上10組目となる。

 父である師匠と並び晴れの日を迎えた。「会見を開いて少しずつ実感が湧いてきた」としみじみ。場所後、後は朗報を待ち続ける身だっただけに「気を張ってた。やっと落ち着いた。本当に上がったのかな、やっとだなという気持ち。一つの目標は達成できて良かった」と安どした。

 琴ノ若の襲名に「全然顔じゃないけど、この名に恥じないように精進していきたい」と肝に銘じた。いずれは琴桜のしこ名を襲名することを祖父とも幼い頃に約束した。「父と先代に追い付くため、スタートラインに立てた」と、3代目の重みをかみしめた。

 親方もほっと一安心。「やっとかな。大事な一番に負けてきた。それが一つ一つ勉強になった」。夏場所も初日から3連勝したが3連敗し、3勝3敗の崖っぷちになった。兄弟子の幕内琴奨菊から「弱い自分を見せるな」とゲキを飛ばされ、琴恵光、琴勇輝と部屋の関取衆も勇気付けた。

 「変わるきっかけになった。本人もだいぶ応えたんでしょう。最後の最後まで気をもましてくれた」と親方。部屋の支えで試練を乗り越えた。

 しこ名の下の名前も「将且(まさかつ)」から祖父「琴桜傑將(まさかつ)」の1字をもらい「傑太(まさひろ)」に改名した。親方は「先代が一番喜ぶ字を、と思った。生まれた時、先代は万歳して喜んでくれたので」と、先代を思った。

 先代の墓前に親子で昇進を報告。「先代の1字をもらいます」と報告。琴ノ若は「一つの目標は達成しました。また新たな目標に向かって頑張ります」と、先代に誓った。

 先代は猛牛の異名を取り、突き押し、ぶちかましの速攻を得意とした。琴ノ若は「先代をヒヤヒヤさせない相撲を、早く勝負を決める相撲を取りたい」と、先代を目指し一歩ずつ上がっていく。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス