文字サイズ

MGC辞退の川内優輝 東京五輪は?ファイナルチャレンジの可能性「狙っていく」

世界選手権に向けて意気込む川内優輝=都内
1枚拡大

 日本陸上連盟は28日、世界選手権(9月開幕・ドーハ)の男女マラソン代表各3人を発表した。

 男子では今年4月にプロランナーに転向した“元公務員ランナー”の川内優輝(32)=あいおいニッセイ同和損保=が、2大会連続4度目の代表入り。17年ロンドン大会で日本代表からの引退を表明していたが、プロに転向したことで翻意。3月のびわ湖毎日マラソンで2時間9分21秒で日本人2位となり、世界選手権代表有力に。晴れて日本代表復帰となった。

 これにより、世界選手権と同時期の開催となる東京五輪代表選考会のマラソン・グランド・チャンピオンシップ(MGC)の出場権を持っていた川内だが、こちらは辞退することになった。

 会見に臨んだ川内は「4回目の代表。経験者として、しっかり結果を残さないといけない。びわ湖で90パーセントは決まりだと思っていたので、準備はできている。プロとして初めて挑む世界陸上。プロとしてのスタート。見ている人に“川内は市民ランナーで超えられなかった壁を、プロで超えたな”と思ってもらえるようにしたい」と、意気込んだ。

 自動的に代表の2枠が埋まるMGCを辞退したことで東京五輪出場は、極めて難しい状況となった。もともと暑さが苦手であることから、挑戦には消極的。この日も「もともと戦える可能性は少ないと思っていた。スタート時間が(早朝に)変わったが、それで東京ってなるほどマラソンランナーは簡単じゃない。長期的視野の中で自分が、日本代表として戦えるのはドーハ」と、従来の考えは変えなかった。

 ただ、残る1枠を争うMGCファイナルチャレンジ(19年度の国内主要競技会で2時間5分49秒の設定記録突破者のうち記録最上位選手。いない場合はMGC3位の選手を選出)による可能性は残る。自己ベスト2時間8分14秒の川内にとっては厳しい条件だが「福岡、東京、びわ湖は例年通りどこかで走る。走る以上、そういう記録(2時間5分49秒)があるなら狙っていく。そういう水準になれるように頑張りたい」と、語った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス