文字サイズ

鶴竜 長男2歳誕生日に白星ならず 悪癖の引き技で自滅

 鶴竜(右端)が妙義龍に敗れ、座布団が舞う=両国国技館
1枚拡大

 「大相撲夏場所・11日目」(22日、両国国技館)

 関脇以上の4人が総崩れとなり、横綱鶴竜、関脇栃ノ心が2敗に後退した。

 鶴竜は長男の2歳の誕生日を白星で祝うことができなかった。関脇以上総崩れの流れを止めるどころか、悪癖の引き技で自滅。

 呼び込んだ妙義龍に押し出され「まあ、引いたらだめですよ。いやあ何だろう。あんな悪い癖を出したらしょうがない」と自分自身にあきれたようにつぶやくしかなかった。朝乃山を単独トップに立たせてしまったことに「まあ、いいんじゃないっすか」。ぶっきらぼうな言葉が、逆に悔しさを強調していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス