文字サイズ

坂本が公式練習でジャンプ確認 接触しそうになるも回避で互いに謝罪

謝罪したブレイディ・テネル(手前左)を笑顔で見つめる坂本花織=マリンメッセ福岡(撮影・堀内翔)
2枚

 「フィギュアスケート・世界国別対抗戦」(11日開幕、マリンメッセ福岡)

 今季成績上位6カ国・地域で争われ、連覇がかかる日本は、男子は宇野昌磨(トヨタ自動車)、田中刑事(倉敷芸術科学大大学院)、女子は紀平梨花(関大KFSC))坂本花織(シスメックス)が出場する。男子で五輪連覇の羽生結弦(ANA)は右足首の治療のため欠場する。

 10日午前の公式練習で坂本は、3回転の連続ジャンプなどを中野園子コーチの指導を受けながら何度も確認するなど、今季最終戦に向けて調整した。ショートプログラム(SP)の曲をかけた練習では、同組で練習したブレイディ・テネルとリンク中央付近で接触しそうになったが、無事に回避。曲が終わった後に互いに笑顔で謝罪し合う場面も見られた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス