文字サイズ

馳元文科相、元貴乃花親方の政界進出「発揮できる場面ある」…TVで語る

 自民党の馳浩元文部科学相が7日、TBS系「サンデージャポン」に出演。5日、大相撲の元貴乃花親方、花田光司氏と議員会館で対面したことについて言及した。

 元貴乃花親方が角界を電撃引退。直後の4日、議員会館で元貴乃花親方と面会したことに注目が集まったが、その中身について「今までのお付き合いがあるなかで、『あんなことこんなことあったね』と。おそらく収入がなくなると思われます。『どうやって生活していくの?』、職業として『今後何をやっていくの?』と話をしました」と今後について話し合ったことを明かした。

 こうなると、政界進出の可能性が取り沙汰されるのは自然の流れ。政治家として相撲協会の改革をしようとしているのでは、という問いかけに馳氏は「分かりません。そういったことは話しません」と語った。

 今回の面会で、政界進出に関する話題はなかったことを強調。一方で、「もし貴乃花さんが国政の道、政治の道に思いがあるのなら、あらためて真面目にお話を聞くことが必要になると思います」とも回答。そして、「一般論として、相撲協会の一員として運営に関わっていたなかで、疑問に思ってたことはお持ちと思います。よりよくしていこうと発揮できる場面はいろいろなところである」と語った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス