文字サイズ

渡邊雄太、グリズリーズと2ウェイ契約 04年田臥以来の快挙へ大きく前進

渡辺雄太(ゲッティ=共同)
1枚拡大

 NBAのグリズリーズが、ジョージ・ワシントン大卒のF渡邊雄太(23)と2ウェイ契約を結んだと発表した、と20日(日本時間21日)、NBA公式サイトが伝えた。グリズリーズのクリス・ウォーレス・ゼネラルマネジャーが正式発表した。

 香川県出身で尽誠学園からジョージ・ワシントン大をへて今月上旬にラスベガスで行われたNBAのサマーリーグにネッツの一員として参加していた渡邊。期間中は5試合に出場し、1試合平均24分間プレーし、9・4得点、4・2リバウンド、1・2アシスト、1・6ブロックをマーク。持ち味の3ポイントシュートと粘り強いディフェンスなどで存在感を発揮していた。

 2ウェイ契約はNBA経験が4年以下の選手に限定され、NBAの下部リーグ、ゲータレード・リーグ(Gリーグ)でシーズンを過ごし、NBAでも最大45日間プレーできる。各チームは2人まで同契約選手を保有できる。

 04年にサンズでプレーした田臥勇太(37)以来、日本人選手にとって固く閉ざされていたNBAの扉がこじ開けられようとしている。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス