文字サイズ

岐阜トリッキーパンダースがフクヒロの加入を発表

福島由紀(左)と広田彩花ペア
1枚拡大

 バドミントンチームの岐阜トリッキーパンダースは1日、同チームのフェイスブックなどで、女子ダブルス世界選手権銀メダルの福島由紀(24)、広田彩花(23)組の加入を発表した。「S/Jリーグ復帰元年!少しでも良い成績を残せるよう頑張っていきます。応援宜しくお願いいたします」と、チームとしての意気込みを綴った。

 福島、広田の2人は3月末に前所属の再春館製薬所に退職届を提出。家族から慰留の申し出があって保留していたものの、意思は変わらず、4月30日をもって退社が発表されていた。移籍先の岐阜トリッキーパンダースでは、再春館製薬所元監督で、2人が前身のルネサス時代から指導を受けていた今井彰宏氏がスタッフとして在籍している。

 今井氏と再春館製薬所の間では、混乱が続いている。再春館製薬所側は、今井氏が同社の監督時代に、所属選手が国際大会で獲得した賞金を当該選手に渡さなかったという金銭的不正行為について、日本協会に告発状を提出している一方で、今井氏は2月に同社を退社した理由として「パワハラによるうつ病」と、同チームのフェイスブックなどを通じて主張している。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス