「中国のキャッチャー」に日本ファン大注目!吉田正の死球で丁寧な対応「絶対いい人」大谷も打席でニッコリ

 4回、死球を受ける吉田正(撮影・金田祐二)
 4回、死球を受ける吉田正(撮影・吉澤敬太)
 1回、岡本和の右飛で三走・近藤がタッチアップするも本塁アウトとなる(撮影・吉澤敬太)
3枚

 「カーネクスト 2023 WBC1次ラウンド 東京プール、日本代表-中国代表」(9日、東京ドーム)

 ツイッターで「中国のキャッチャー」がトレンド入りした。マスクをかぶったリ・ニン捕手(28)に日本のファンから大きな注目が集まっている。

 第1打席に入る前に大谷が何か言葉をかけてニッコリ笑顔。これで注目が集まると、吉田正が右腕上腕に死球を受けた際には、すぐさま駆け寄って謝罪するような仕草を見せた。

 さらに「アイアンマンに見える」という赤とゴールドのプロテクターも話題に。若い中国投手陣が制球を乱しても懸命に引っ張り、ワンバウンドも体を張って止めまくった。

 この姿に「中国のキャッチャーは絶対にいい人!」「株がうなぎのぼり」「紳士的でいい!」「人間味があって良い選手」と称賛コメントがSNS上で沸騰。緊張感のある好ゲームを演出した。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

WBC最新ニュース

もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス