文字サイズ

愛媛・真山、さらに進化を遂げる遊撃手 フェニックス・リーグ参戦中

 フェニックス・リーグで守備に磨きをかけている愛媛・真山勝範(撮影・高田博史)
1枚拡大

 【愛媛・真山勝範内野手】文=高田博史

 球団唯一の全試合フル出場でレギュラーシーズンを終えた。チャンピオンシップを戦い終え、真山勝範はいま『みやざきフェニックス・リーグ(プロ野球秋季教育リーグ)』に参戦中だ。

 第1クール最後の試合となった対楽天戦(11日、ひむかスタジアム)。初安打となった左前安打が2点適時打となった。遊撃手として、守備でも好守を連発している。

 「(選抜チームに)呼ばれるってことは、何か必要とされてるのかなと思って。僕自身は守備が自信あるポイントなので、しっかり守備で貢献しようって」

 愛媛で鍛えられた1年間を通じ、前に出て捕球するスタイルを身に付けた。待って後ろにそらしてしまうのではなく、バウンドが合わなくても体に当て、拾って一塁でアウトにする。前期8個だった失策数は、後期2個にまで減った。

 フェニックス・リーグでNPBの選手たちのプレーを肌で感じている。ここでの相手は定期交流戦で対戦したソフトバンク3軍、巨人3軍よりも、さらにレベルが高い。

 「足の運び方、ゴロのさばき方、1歩目の良さとか。見て学べることがありますね。あと腕の使い方、柔らかさ。速い打球でもやさしく捕るというか、簡単に捕るように腕を使ってる」

 第3戦で対戦した巨人の二遊間、増田大輝(元徳島)と北村拓己のプレーを見て「もっと力を抜いていいんだな」と思った。そんな発見が至るところにある。

 「どうやったらあの柔らかさで足を運べて、次の動きにつなげられるのかな?というのを見て学んで。実際に打球が飛んできたときとか、ノックのときに意識してやっています」

 対戦相手だけでなく、選抜チームのなかで得るものも少なくない。他球団のコーチ、選手たちと話し合うことがとても参考になる。

 「アピールもそうですし、チームで勝つことが自分にとってモチベーションを上げてくれる一つの要因になるので。みんなで協力しながら、自分の味も出していけるようにしたいですね」

 宮崎での貴重な経験を、次のステージにのし上がるための糧にする。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    アイランドリーガー伝最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス