文字サイズ

広島・末包「こすって上がり過ぎました」昇格即プロ初三塁打 存在感見せつける

 「DeNA5-2広島」(2日、横浜スタジアム)

 長い滞空時間だった。左翼方向に上がった打球は高い軌道を描きフェンスを直撃した。柵越えとはならなかったが、プロ初の三塁打。この日から1軍復帰した広島・末包がパワーを見せつけた。

 「こすって上がり過ぎました。うわーと思いながら走ったら、結構上がった分、伸びてくれました」

 森下の代打として五回の先頭で打席に立った。はじき返したのは高めのチェンジアップ。完ぺきな一打ではなかったものの、持ち前の力で運んだ。

 5月23日の出場選手登録抹消後、初めての再昇格。2カ月以上を過ごした2軍ではスイング軌道の修正がテーマだった。

 「球に当てるため、線を描けるようにやってきた。今までは点でしか当たらなかった。やってきたことがしっかりと1打席でできたのは良かった」

 7月31日に地元・香川のレクザムボールパーク丸亀であったウエスタン・阪神戦では藤浪から左越えソロ。凱旋弾で球場を沸かせた。1軍の舞台でも伴った結果に安どの表情があった。

 外野争いはし烈を極める。それでも末包にはパワーという大きな武器がある。「自分のキャラを確立すればやっていけると思う」。手応えを感じ始めている打撃で存在感を示していく。

野球スコア速報

関連ニュース

編集者のオススメ記事

広島カープ最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(野球)

話題の写真ランキング

写真

デイリーおすすめアイテム

リアルタイムランキング

注目トピックス