文字サイズ

広島・九里 自己最悪の1試合4被弾でKO ヤクルト打線の勢い止められず

5回、村上に2打席連続の本塁打を浴びガックリする先発・九里(撮影・三好信也)
先制点をもらうもリードを守り切れず3回に逆転される先発・九里(撮影・三好信也)
2枚

 「ヤクルト-広島」(19日、神宮球場)

 先発した広島・九里亜蓮投手(30)がプロ入りワーストの1試合4被弾を浴び、五回でKOされた。

 2点リードの二回、先頭・村上に四球を与えて続く青木に左中間への同点2ラン。試合を振り出しに戻されると、三回は2死走者なしから村上に右翼スタンドへソロを浴びた。

 さらに2-3の五回には先頭・塩見に左翼スタンドにソロ。2死走者なしから再び村上に右越えソロを突き刺され、首位を快走するヤクルト打線の勢いを止めることができなかった。8三振を奪いながら5回6安打5失点で、失点は全て一発。相手の長打力の前に屈して、無念の降板となった。

 チームは試合前時点で今季ワーストタイの4連敗中。前日の敗戦で今季初のBクラスに転落し、同一カード3連敗だけは避けたい一戦だが、この日も苦戦を強いられている。

野球スコア速報

関連ニュース

編集者のオススメ記事

広島カープ最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(野球)

話題の写真ランキング

写真

デイリーおすすめアイテム

リアルタイムランキング

注目トピックス