文字サイズ

ウグイス嬢がまさかの訂正 広島・鈴木誠の本塁打で“フライング”観客も爆笑

 6回、鈴木誠がソロを放つ(撮影・堀内翔)
 6回、鈴木誠が左越えにソロを放つ(撮影・堀内翔)
 6回、場内アナウンスの間違いに苦笑いする鈴木誠(撮影・堀内翔)
3枚

 「巨人-広島」(23日、東京ドーム)

 東京ドームのウグイス嬢がまさかの“訂正”で球場が爆笑の渦に包まれた。

 六回、鈴木が菅野から左翼席上段へ運ぶ5号ソロを放った。ここでウグイス嬢が「ただいまのホームランで、鈴木選手は通算150号本塁打を達成しました」とアナウンス。26歳という若さでの達成からか、両チームのファンからどよめきが起こった。

 だが、その直後に「150号まであと1本に迫りました」と、フライングを訂正。緊迫した試合展開も相まってスタンドは爆笑に包まれた。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス