文字サイズ

元楽天のミトレ、1歳女児暴行殺害で懲役50年 元交際相手には中絶強要 英紙報道

楽天時代のミトレ=2014年2月撮影
楽天時代のミトレ=2014年2月撮影
2枚

 カブスやヤンキースなどで通算13勝を挙げ、14年に楽天に所属したセルジオ・ミトレ(40)が女児暴行殺害の罪で懲役50年と6万6429ドル(約760万円)の損害賠償を命じられた、と英紙デイリー・ミラー電子版が24日までに伝えた。

 同紙によると、ミトレはメキシカンリーグに所属していた20年7月12日に元交際相手(19)の女性の1歳10カ月の娘に性的暴行を加えて殺害(年齢はいずれも当時)。メキシコ・コーウイラ州当局は死因を腎動脈出血による乏血性ショックと結論づけた。また、元交際相手の証言では、妊娠が判明すると、資金的援助を拒み、妊娠4カ月目には中絶を強要したという。

 米ロサンゼルス出身のミトレは01年ドラフト7巡目でカブスに入団し、03年7月にメジャーデビュー。マーリンズ、ヤンキース、ブルワーズを渡り歩き、8シーズンで通算143試合、13勝30敗、防御率5・21。12年以降はメキシコでプレーし、14年には楽天と育成契約を結んだが、一軍での登板はなく、1シーズンで退団。17年にメキシカンリーグに復帰した。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

野球最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(野球)

話題の写真ランキング

写真

デイリーおすすめアイテム

リアルタイムランキング

注目トピックス