文字サイズ

広島・栗林 史上3人目の新人30セーブ達成 過去に中日・与田、DeNA・山崎康

スタンドからの声援に応えて笑顔を見せる広島・栗林良吏=バンテリンドームナゴヤ(撮影・立川洋一郎)
9回を締めて30セーブ目を挙げた栗林=7日(撮影・立川洋一郎)
9回裏に登板して、30セーブ目を飾る好投を見せた広島・栗林良吏=バンテリンドームナゴヤ(撮影・立川洋一郎)
3枚

 「中日2-5広島」(7日、バンテリンドーム)

 広島のルーキー・栗林良吏投手が九回を1回無失点に抑え、1990年の中日・与田の31S、15年のDeNA・山崎康の37S以来、3人目の快挙となる新人30セーブを達成した。

 地元である愛知で到達し、「家族も応援に来てくれていた。本当に身近な方がたくさんいる中で達成できて、勝ったのが良かった。うれしいです」と喜びの声を口にした。

 石垣を左飛、桂を三振に仕留めると代打のA・マルティネスを左飛に抑えた。佐々岡監督は「守護神として、よく投げてくれて、チームに貢献してくれている」とたたえた。

 自身が保持する新人の連続セーブ記録を「13」に伸ばした右腕は「セーブ機会や勝ちで回ってきたら失敗しないことが仕事だと思う。自分の仕事を全うできればいい」と話した。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス