文字サイズ

広島ドラ1 栗林が球団新人記録の26セーブ!大乱打戦を無失点で締める

 試合に勝利し、マウンドで喜び合う菊池涼(中央)ら広島ナイン(撮影・高石航平)
 9回、神里を空振り三振に仕留めて試合を締め、ほえる栗林(撮影・高石航平)
 試合に勝利し、佐々岡監督(右)とタッチをかわす栗林(撮影・高石航平)
3枚

 「DeNA8-10広島」(26日、横浜スタジアム)

 広島・栗林良吏投手が2点リードの九回から登板し、無失点で球団新人最多記録となる26セーブ目を挙げた。2死から安打を許したが、最後は神里を空振り三振。終盤にかけ乱打戦となった展開も、冷静に最後を締めた。

 03年・永川(現1軍投手コーチ)が持っていた25セーブ目を前日に挙げて、2連投で新記録を樹立。「開幕する時から、永川さんのところが目標だったので、それを超すことができて良かった」と素直に喜んだ。この日で9試合連続セーブ。15年のDeNA・山崎が持つプロ野球新人記録にも並んだ。

 3月27日・中日戦でのプロ初セーブ以降、新人のデビューからの無失点記録を塗り替える22試合連続無失点を記録。「たくさんの方にアドバイスをもらった」と周囲への感謝も忘れなかった。

 8月の東京五輪では守護神を担い、悲願の金メダル獲得に貢献した横浜で打ち立てた金字塔。お立ち台では「五輪が開催された横浜スタジアムでタイ記録と更新ができて、本当に思い出に残る日になった」と笑顔を浮かべ「残りのシーズンも、チームの勝利のために頑張っていきたい」と力強く抱負を語った。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス