文字サイズ

広島またコロナ陽性 九里が投手で初 計12人に膨らむ苦境…24日に試合開催協議

 広島は23日、九里亜蓮投手(29)が新型コロナウイルスの陽性判定を受けたことを発表した。球団の投手では初。本人は無症状で体調に異常はなく、現在は自宅で療養しているという。球団は同日に1軍監督、コーチ、選手、スタッフ計82人にPCR検査を実施し、他の81人の陰性を確認。これでチーム内の陽性者は12人に膨れる事態に見舞われた。

 コロナ禍で緊急事態となったチームに、またもや激震が走った。球団はこの日、1軍監督、コーチ、選手、スタッフの計82人に対してPCR検査を行い、新たに九里が陽性判定を受けたことが明らかになった。チーム内の投手から陽性者が出たのは初。本人は無症状で、現在は管轄の保健所の指示により、自宅で療養している。

 九里は開幕から先発ローテの一角としてフル回転。ここまでリーグトップタイの5勝を挙げるなど、頼れる存在として、結果でチームを引っ張ってきた。

 22日には、21日までに判明した陽性者との接触状況から森下と高橋昂が、管轄の保健所から濃厚接触者と判定された。森下と高橋昂はこの日「感染拡大防止特例2021」により出場選手登録を抹消されることになった。

 チームの試合再開日は未定だが、濃厚接触者は2週間の隔離期間が必要。仮に25日から試合が再開できたとしても、チームは先発ローテを担っていた3投手を欠く状態での戦いを強いられることになる。

 森下はリーグ2位の防御率1・84。高橋昂も貴重な左腕として、ここまで2勝をマークしていた。駒がそろいつつあった中、思わぬ事態に見舞われ、ここまで主に5人で回していた先発陣は大瀬良、床田の2人しかいない苦境に立たされた。

 チームの陽性者は計12人に膨らみ、野手では菊池涼や鈴木誠も陽性判定を受けて離脱している。21日には多数の陽性者が出たことを受け、予定されていた阪神との3連戦の中止を発表。同日からPCR検査を毎日実施することを決定し、22日からは選手同士の接触を避けながら、陰性判定を受けている選手たちがマツダスタジアムで個別練習を開始した。

 練習では、こまめな手指消毒にマスク着用など、感染予防を徹底しながら調整。チームは25日・西武戦(マツダ)からの試合再開を希望しているが、先行きは不透明だ。25日からの試合開催可否は、きょう24日の臨時代表者会議で決定される。チームを襲う、異例の事態。懸命に収束を目指している一方、出口はまだ見えてこない。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス