文字サイズ

広島ドラ3大道、守護神へ名乗り 佐々岡監督「候補であることは確か」

1イニングを三者凡退に抑えた広島・大道温貴=沖縄セルラースタジアム那覇(撮影・伊藤笙子)
1イニングを三者凡退に抑えた広島・大道温貴=沖縄セルラースタジアム那覇(撮影・伊藤笙子)
1イニングを三者凡退に抑えた広島・大道温貴=沖縄セルラースタジアム那覇(撮影・伊藤笙子)
3枚

 「練習試合、巨人5-1広島」(27日、沖縄セルラースタジアム)

 広島のドラフト3位・大道温貴投手(22)=八戸学院大=が初めて九回に登板し、1回を無失点に抑えた。

 先頭の陽を直球で詰まらせ、遊ゴロ。八百板を左飛に打ち取ると代打・石川は二直に抑えた。この日は最速149キロを計測。自慢の速球を軸に主力を抑え、「良かったです。自信になりました」と表情を緩めた。

 これで対外試合3試合連続無失点と勢いに乗る右腕を佐々岡監督は守護神として起用するプランを明かした。「投げっぷりを見ててもずっといいものを出してくれている。候補であることは確か。誰が守護神を取るかというところ」と指揮官は期待を寄せた。

 「結果を出し続けることがプロ野球選手としての仕事だと思っている。負け試合でも勝ち試合でも一緒の気持ちで投げたい」と力を込めた注目のルーキーが輝きを放っている。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス