文字サイズ

広島・島内がチェンジアップ“解禁”に意欲 目標は「今年こそ50試合登板」

ノックの打球を追う広島・島内颯太郞=マツダスタジアム(撮影・立川洋一郎)
インターバル走を繰り返し汗を流す広島・島内颯太郞。左は広島・塹江敦哉=マツダスタジアム(撮影・立川洋一郎)
キャッチボールをして肩を慣らす広島・島内颯太郞=マツダスタジアム(撮影・立川洋一郎)
3枚

 広島・島内颯太郎投手(24)が17日、チェンジアップの封印を解き、今季に臨む意欲を示した。大学時代からの持ち球だったが、プロ1年目に握りを変えたことで感覚にズレが生じて、投げる機会が影を潜めていたという。

 再習得を目指した時期は昨年末。「握りを元に戻したら感覚がいい感じだった。元々、シンカー系に落ちるチェンジアップを投げていて、それが戻りつつある」と手応えを口にした。

 使いどころもイメージしている。「まっすぐと同じ腕の振りで空振りが取れ、カウント球にも勝負球にもなるというチェンジアップを元々投げていた。そういう使い方ができれば」。威力ある直球が持ち味の反面、常にカウントを取れる変化球の精度が昨年の課題でもあった。チェンジアップが武器になれば、安定感にもつながる。

 この日はマツダスタジアムでの合同自主トレに参加し、キャッチボールやノック、インターバル走などで汗を流した。今季の目標に「50試合登板は自分の中でずっと目標に決めているので、今年こそ50試合登板。七、八回を任せていただけるような投手になりたい」と誓いを立てた。中継ぎ陣の一角として腕を振るため、かつての武器をモノにする。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス