文字サイズ

広島 フェニックスLで“期待の若鯉”が活躍 中村奨、林、正随が仕事

 1回、左翼線へ適時二塁打を放つ林(撮影・立川洋一郎)
3枚

 「フェニックス・リーグ、広島-巨人」(19日、天福球場)

 広島は中軸が勝負強さを発揮して得点を奪った。

 0-0の初回は2死から中村奨が左前打を放ち、直後に二盗。2死二塁となって4番・林が三塁線を破る先制の適時二塁打だ。

 さらに1-0の三回2死満塁では正随が食らいついて右前へ。2点適時打で追加点を奪った。来春の1軍キャンプメンバーをかけた大事な秋。今季、初めて1軍を経験した若鯉たちが必死にアピールを続けている。

 先発の遠藤は貫禄の投球。三回1死から5者連続三振を奪うなど、四回まで毎回奪三振の1安打無失点と好投を続けている。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス