文字サイズ

広島・塹江が大仕事 八回の大ピンチをしのぐ

8回、ピンチを脱し小さくガッツポーズの広島・塹江=神宮(撮影・金田祐二)
2回、西浦の打球を好捕する広島・菊池涼=神宮(撮影・金田祐二)
2枚

 「ヤクルト1-4広島」(5日、神宮球場)

 広島の塹江敦哉投手が、大きな仕事をやってのけた。

 3-1で迎えた八回だ。一岡が連打を浴びて無死一、二塁となって登板した。青木を三邪飛に打ち取り1アウト。4番・村上には四球を与えて1死満塁となったものの、山崎を直球で見逃し三振。右打者の西浦はスライダーで空振り三振に斬った。

 前日4日も終盤のピンチをしのいで2勝目を手にした若鯉。勝ちパターンの一角としてチームからの評価を上げている。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス