文字サイズ

広島が全体練習、小園「数多く振れた」最後にロングティー連続約100球

絶叫しながらロングティーを飛ばす小園(撮影・高部洋祐)
3枚

 広島は31日、マツダスタジアムで全体練習を行った。

 29日から始まった練習は「ミニキャンプ」と位置づけられ、野手はスイング量を増やし、ひたすらにバットを振った。最終日となったこの日は、練習の最後にロングティーを実施。1人が連続で約100球を打ち込んだ。小園は「数多く振れた」と汗をぬぐった。

 チームは4月24日の開幕を想定し練習。朝山打撃コーチは「3日間、振り追い込むことができた」と話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス